津村正隆の簿記検定合格プログラム

津村正隆の津村式“日商簿記検定二級”合格プログラムを解説します

>>>詳細はこちら

津村正隆※津村式 簿記検定合格プログラム


参考書からテストに出沿うな内容をひたすらノートへ書き写し暗記する。

津村式 簿記検定合格プログラムなら、2級合格がたやすくなります。

また、簿記は、企業勤務の方には、大変役たちます。
たとえば、株式会社の概念が入ってきます。

しかし2級になると、理解し考える部分が多くなってきます。
仕わけとかもその通りおぼえてしまうことで、なんとか対応できてしまいますい。

営業のしごとをしている方にとっては、簿記の知識があるとないとでは、世界観も変わります。

このやり方では、簿記の原理はわからなくなるでしょう。

津村正隆※津村式 簿記検定合格プログラム

津村正隆さんも簿記1級に合格されていますが、1級を合格することでよく見えてくる簿記の世界があります。

ですので、2級の合格は、勉強法のコツと要領が分かると簡単に合格することもできます。

そして、ほんの少しのコツを知るだけで、どんどん要領をおぼえて最初の目標にしていた以上の結果が出ることがあったりします。

といった学習方法を続けているなら、その勉強法は改めた方がいいでしょう。

割賦販売とかの仕わけ処理も出てきます。
また工業簿記もあります。

経理のしごとをしている方だけの必須技術ではありません。
2級の場合はコツには“これを押さえるだけで”という合格のポイントがあるのです。

簿記の3級は丸暗記でも対応できます。
学力が同じでも、勉強の仕方や方法、「コツ」をおぼえるだけでその結果が大きくちがう結果になってしまうのです。

過去問を解きまくり、同じ問題が出ることを祈る。
過去の試験問題例を解き制限時間を測ってを反復する。

簿記の本質がわかってくると、成績が急上昇しますし面白くもなってきます。

合格も遠くなりがちです。
ですが、本質的な帳簿帳記の原理を知っていないと、学習そのものが味気ないものになり、最終的にはつまらなくなりがちです

津村正隆