小野たかひとの行政書士試験短期合格術

小野たかひとさんの「行政書士試験短期合格術」

>>>詳細はこちら

小野たかひと※行政書士試験短期合格術

「今年は行政書士試験受験者が増加する年です」って言われていますね。

ネット上では「司法試験で使う基本書を読み込まなければ合格できなくなった」とまで言われています。

しかし、上述し立とおり民法は行政法と大聞く異なり、記述問題に半分以上の40点の配点がなされています。

あなたは100人中上位5人に入ることができますか?。

民法の記述問題を不得意としている受験生は多く、年あまりにも行政書士試験民法の難易度が増しました。

どちらか一方が欠けていてもダメです。

行政書士試験合格のための条件は、1.全300点中6割以上の180点以上をとること2.一般知識等科目の得点が、4割以上(6問正解)であることこの2つです。

・人気ドラマ特上カバチを見て行政書士を目さす人。

小野たかひと※行政書士試験短期合格術

以上を踏まえて分かった行政書士試験短期合格の糸口は、1.行政法と民法だけで合格点をクリアできるほど2科目が重視されている2.一般知識等問題でとにかく6問以上正解しなければ合格できないこの2点です。

その自信はありますか?。

新試験制度移行後の行政書士試験に短期合格するための方法が分かったのです。

この2つの糸口に基づいて、市販されている行政書士テキスト、問題集を分析した結果。

民法を攻略するためには、行政書士受験生の誰もが不得意とする民法の記述問題に強くなる必要があるのです。

・公務員を志望する現役大学生。

民法は行政法に次いで大きな点数配分です。

・新司法試験に3回落ちた法科大学院生。

行政法は過去問中心の勉強で択一式問題への対策をすればOK。

行政書士試験受験に司法試験の基本書を読み込むのはあまりに非効率的です


小野たかひと