新谷貴司の初級シスアド合格ノウハウ

新谷貴司の合格保証・初級シスアドに30日でラクラク合格ノウハウ

>>>詳細はこちら

新谷貴司※初級シスアド合格ノウハウ


まず、シスアド試験の合格率は何でこんなに低いのか? それには、「シスアド試験の出題範囲がかなり広い」ことが挙げられます。

アトは、計算問題で引っ掛かる、マークシート形式のテストに慣れてない、なども原因になります。

これではシスアド試験の合格率が2割(実質3割)しかないのも無理もありません。

そして、それに気付けるかどうかというのが、合格できるかどうかの大きな分かれ目になります。

手もとにある参考書の章たてはこうなっています。
しかし、情報処理推進機構が発表している、今年春のシスアド試験についての事実はこうです。

疑問に思われることでしょう。
悪いが初級シスアドなんて1ヶ月ほどの勉強も必要ない低いレベルの試験ですよ。

新谷貴司※初級シスアド合格ノウハウ

沿う、「勉強のコツ」と「解答のコツ」の2つです。

また、最近は「セキュリティ」や「個人情報保護」に関する出題も増えていますが、入門書レベルでは軽くしか触れられていない場合がほとんどです。

「1日1時間、たった1ヶ月の勉強」でシスアドの資格を取ったなんて書くと、初級シスアドって誰でも簡単に取れる資格なの?。

初級シスアドの場合、出題範囲は妙に広いものの、あちこちの分野のごくごく基礎的なことしか問われないのです。

しかし、じつは、やることをきちんとやれば、初級シスアドのようなマークシートの試験は合格できます。

はっきり言ってマークシートの試験は【2つのコツ】さえつかめば簡単ですから。

知識があれば何とかなるAM問題と違って、PM問題の場合、まず長文を読み込んで、答えの手掛かりを探していかないといけません。

つまり、「知識」+「文章の読解力」がないと点が取れないのです。

それに、こんなことを言う人だっています。



新谷貴司