松元喜代春の公務員試験合格マニュアル

ヴィッセン公務員予備校校長 松元喜代春 公務員試験合格マニュアル 〜シークレットスキル10の裏技〜

>>>詳細はこちら

松元喜代春※公務員試験合格マニュアル


13年間「公務員受験指導」だけを専属で教える専門スクールを運営してきた松元喜代春が、勉強時間を12分の1以下にしながらも91%という脅威の合格率を出し続けている公務員試験合格の為の10の裏ワザを、今回全て、ゼロからあなたにお教えします…。

しかし、今回あなたに教える公務員試験の裏ワザとも言えるテクニックを覚えてしまえば、実は勉強しなければいけない範囲はずっと少なくてすみます。

「どうしても公務員になりたいけど、やっぱり試験は難しそう・・・」「公務員の試験?無理!無理!」こう思う人があまりにも多いです。

その「知能分野」のうち、数的処理といわれる分野は、ほとんど数学に似ていますが、高等数学の知識はあまり使わず、中学レベルのものでほとんど解けてしまいます。

そのため今あなたがこのスキルを手に入れて公務員試験を受けるということは、あなたにとって限りなく大きなチャンスだと私は思うのです。

公務員試験に合格できなかったという声も決して少なくないです。

松元喜代春※公務員試験合格マニュアル

実際に公務員試験の勉強をやりはじめているあなたであれば、勉強する範囲があまりにも広すぎて、少し嫌気が指しているかも知れませんね。

実際の公務員試験の教養試験は、「知識分野」と「知能分野」の2つに分かれます。

確かに一般的な考えとしては、“簡単にはなる事ができない職業”というイメージが強いことは確かだと思います。

今まで公務員試験の勉強と言ったら、参考書を買ってひたすら知識の蓄積をするか、過去の問題集を買ってひたすら問題を解くかのどちらかの勉強方法しかないと思うのが当たり前の話です。

突然ですが、あなたは今「公務員試験」に対して、どれくらいの“不安”を抱いていますか? 毎日勉強しても、勉強しても、一向に“大きな不安”が消えずに頭を抱えていますか? つまりその分、勉強時間も大幅に縮小され、脳にも余裕ができ、全てにおいて“好循環”をあなたにもたらす結果につながります。

パターンと解法とちょっとしたコツを身に付ければかなり短期間でマスターできるでしょう。

その方法をマスターする事で大幅に勉強しなければいけない範囲が狭まり、結果勉強時間も大幅に減り、脳もオーバーフローすることなく、効率よく試験を迎えることができるという、常識的には考えられないような方法が実際には存在するのです。

そう、まさに“裏ワザ”なんですね。

それでは実際にこの裏ワザとも呼べるシークレットスキルをお話していきますね。

さらに昨今では、政府がワーキングプア脱却のために、公務員試験の門戸が広くなる傾向にあります。

ですから、割と短期間で数的処理の分野はマスターすることができるんですね。

ですが世の中にはそれ以外にも試験をクリアする方法が実際にはあるのです。

しかし、もう一つの分野である「知識分野」は文字通り、知識を問われる分野で、しかも範囲が広く(科目選択制を採っているところもありますが)、科目数も多いのが現状です

松元喜代春